--

はじめてのキスは涙の味がした
まるでドラマみたいな恋
見計らったように発車のベルが鳴った

冷たい冬の風が頬をかすめる
吐いた息で両手をこすった
街はイルミネーション 魔法をかけたみたい
裸の街路樹 キラキラ

どうしても言えなかった
この気持ち 押さえつけた
前から決めていた事だから 
これでいいの
振り向かないから

ありがとう サヨナラ
切ない片想い
足を止めたら思い出してしまう
だから
ありがとう サヨナラ
泣いたりしないから
そう思った途端にふわり
舞い降りてくる雪
触れたら解けて消えた

駅へと続く大通り
寄り添ってる二人 楽しそう
「ほら見て初雪!」
キミとあんな風になりたくて
初めて作った
手編みのマフラー

どうしたら渡せたんだろう
意気地なし 怖かっただけ
思い出になるなら
このままで構わないって
それは本当なの?

ありがとう サヨナラ
いつかこんな時が来てしまうこと
わかってたはずだわ
なのに
ありがとう サヨナラ?
体が震えてる
もうすぐ列車が来るのに
それは今になって
私を苦しめる

繋がりたい
どれほど願っただろう
この手は空っぽ
ねえ サヨナラってこういうこと?

行かなくちゃ
そんなのわかってる
キミが優しい事も知ってる
だから
「……この手を離してよ」
出会えて良かった
キミが好き

ありがとう サヨナラ
一言が言えない
今だけでいい 私に勇気を 
「あのね――」
言いかけた唇 キミとの距離は0
……今だけは泣いていいよね
もう言葉はいらない
お願い ぎゅっとしていて 

来年の今頃には
どんな私がいて
どんなキミがいるのかな

- fin -

--